風俗ライターのブログ

風俗とおっぱいが大好きなライターのブログです。おもに沖縄と海外の風俗体験談を書いていきます。(ソープとおっぱぶ専門)

沖縄県那覇市のソープ街・辻のキャッチに聞いた ソープで失敗しないただ1つの方法

みなさん、こんにちは。

風俗ライターのお松です。

 

みなさん、ソープは好きですか?

 

ぼくは大好きです。

 

今日はどんな女の子に会えるんだろうというドキドキ、

 

待合室で妄想をふくらませる時間、

 

お姉さんのムチムチとした体つき、

 

お互いに何も知らない関係性で体を交えるという非日常体験、

 

そのすべてが、ぼくの全身を勃起させます。

 

ですがソープって、いくら事前情報を調べて行っても外れることがけっこうな確率でありますよね。

 

好みの女の子じゃなかったとか、写真と全然違ったとか、表記されてたカップ数よりもおっぱいが小さかったとか。

 

高いお金払ったのに・・・と落胆することも多いはず。

 

そこで今回、辻で仲良くなったキャッチのお兄さんに、ソープで失敗しない方法について聞いてきました。

 

ソープにおける失敗は「想像の女の子より、格段にレベルの下がった女の子が出てくること」

一般的に、ソープに行く前はネットで情報を調べますよね。

 

いろんな店の女の子を見て好みを探し、値段を見て、お店と女の子を見て予約する、というのが、多くの人が取るソープに行く前の行動だと思います。

 

そしてお店に行って、「すごい良かったわー!」と言って笑顔で帰るのが、ソープにおける成功。

 

逆に、「あぁ、割に合わんかったわ」と言って落胆しながら帰るのが、ソープにおける失敗。

 

この失敗を作っている要素は2つ。

 

・想像が美化されすぎていること

・写真が美化されすぎていること

 

これだけなんです。

 

写真を見て、自分が好みだと思ってた女の子の写真がそもそも美化されすぎているものであり、

その写真で「こんな子が来たらいいな」と想像をしすぎるから、

期待がどんどん現実離れしていき、

実際の女の子を見たときに「期待外れだ」と感じてしまうわけです。

 

ソープで失敗しない方法は「写真を見ずに、ボーイと話をすること」

だから一番良いのは、実際に現地に行って、ボーイの人お兄さんたちと「こんな子が好みで」とか「〇カップ以上の女の子います?」なんて話をして情報を集めることです。

 

そしてだんだん仲良くなって、写真を見せてもらったときに「この子は写真とどこがどんな風に違います?」と聞いてみましょう。

 

そこでなら、お兄さんも素直に実際の女の子の様子を話してくれますので。

 

それを繰り返しながら女の子を選べば、ソープにおける失敗はありません。

 

なぜなら、想像にも写真にも、美化される要素がないからです。

 

一回、良い女の子を紹介してくれたお兄さんが一人いると、今後遊びに行ったときにも安心して遊べますし、この方法はおすすめです。

 

それでは!