風俗ライターのブログ

風俗とおっぱいが大好きなライターのブログです。おもに沖縄と海外の風俗体験談を書いていきます。(ソープとおっぱぶ専門)

タイに行くなら、バンコクとパタヤのクラブがいろんな意味で穴場という事実をお伝えいたします!

みなさん、こんにちは。

風俗ライターのお松です。

今回も、覆面ライターの方から情報提供いただきましたよ。

 

『タイで性への寛大さを感じた話~感謝の1000バーツ~』

バンコクパタヤにはたくさんのクラブがあることを、みなさんご存知ですか?

 

クラブと聞くと、それだけで敬遠しちゃう方も多いかとは思いますが、タイに何度か行かれた方には、クラブはおすすめなのです。

 

クラブに入ると、日本のクラブとは違って女の子から逆ナンされまくります。

 

どうです?入りたくなるでしょ?

 

しかもクラブの会場のテーブルには酒がセットされていて、逆ナンされるとそのままお話タイム。

 

クラブで奥手なぼくには天国だなと思いました。

 

そこでしばらく話をすると、「ホテル行く?」という話になってホテルに行きます。

 

これ、5日クラブに行って5日とも起こった出来事なので、みなさんが行ってもほぼ確実にあると思います。逆ナン。

 

たぶんなんですけど、最近からタイの経済状況が悪くなってきてるか、セックスで稼ぐのが当たり前っていう風潮が出始めたんだと思うんですよ。

 

ぼくはそのとき友達と2人でクラブに行きまして、2対2でテーブルを囲んでて、そのまま4人でホテルに行こうと思ったんですが、友達はその日「帰る」と言い出しまして。

 

残ったぼくと女の子2人でホテルに行きました。

 

あら?3Pきちゃうこれ?ってなるじゃないですか。

 

でもなぜかホテルに行くと、宅飲みが始まりました。あれ?

 

そこでタイのティーンに流行ってる曲を一緒に聞いたり、いろいろ話したりしまして。

 

いざ電気を消して、さぁ始まるぞってなったときに!

 

「ごめん、ちょっとトイレ行ってくるね!」

 

と片方の女の子が退場しました。

 

本来友達の相手をするはずだった子ですね。

 

まぁ・・・そうなりますよね。

 

で、その子がトイレに行ってる間にヤりました。

 

その子の分のお金も払えば、3Pできたかもしれません。

 

 

今回のセックスまでの流れを体験して、タイのすごく良いところだなと思ったのが、性への寛大さというか、許容する文化というか、みんなでセックスを作ってる感ですね。

 

自分の男が帰っても、残って相方のセックスのコンバージョンまでを盛り上げてくれるとか、そういうセックスへのサポートの手厚さに感動しました。

 

タイのクラブは、中級者にはマジでおすすめです。

 

事後談

ぼくの相手をしてくれた女の子、ホテルにきたときからずっと「1000バーツなくしちゃった」と言って悲しそうにしてたんですよ。

 

なんでも、胸に1000バーツを入れてクラブで遊んでたときにでもなくしちゃったみたいで。

 

ものすごい悲しい顔をしてたので、セックス代に1000バーツ上乗せし、寝てる女の子の枕元に置いて音を立てずに帰りました。

 

精一杯のもてなしをしてくれたタイへの、感謝の1000バーツです。